★「船越商店会のそこまで言って委員会」で議論を交わす!

0

    「船越商店会のそこまで言って委員会」が開催され、船越地区在住の議員4名が参加して、船越商店会会員と話し合いをしました。船越商店会の活性化に繋がるようにどうすれば良いのか?商店会の本来の使命から議論は深まり、複合観光施設、駅舎移転や男鹿市の政策に至るまで…。

     

    話し合いだけで終わることなく、実行計画が遂行されるようにできたらいいなと思っています。

     

    それには、”コミュニティデザイナー”のような中立の専門的な”まちづくり” をする方が、この地の歴史や気質、風習などの実情をよく知っている商店主はもとより、地元住民の意見を組み入れたまちづくり実行計画がなされて、それを市や県、国が後押しできるようなスタイルが望ましいと感じています。

     

    船越商店会の活動は、すでに意見交換等で話し合いがなされ、次世代へ進むために前進しているので、今後もこのような取り組みの継承をしながら、政策に組み込めるような後押しをしていくことができればと思います。

     

    船越商店会の取り組みは、この地に住む方々の希望の光に繋がることは間違いありません。10年後、20年後が楽しみです。

     

    チャップリンの両親はミュージック・ホールの歌手でしたが、彼が一歳のときに離婚したそうです。彼は、声が出なくなってしまった母の代わりに5歳から舞台に立つようになります。その後、母が精神に病み、孤児院に送られると、生活を支えるために床屋・印刷工・ガラス職人などの職に就きながら俳優の勉強をしたのです。どん底から這い上がり、稀代の喜劇役者になったチャップリンらしい言葉です。

     

    悲しいときに泣いてばかりいては美しい景色も綺麗なものも涙でかすんでしまいます。少し休んだら、うつむいた顔を上にあげて前を見て進みましょう。

     

    きっと新しい希望と喜びに出会えるはずです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     《勇気を持って進む》

    うつむいたままでは、虹はみつけられない。☆チャーリー・チャップリン

     

    ※心が元気になる美しい絶景と勇気のことばから

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.23 Thursday
      • -
      • 22:16
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM